現状把握

シルバーピジョンC-90

2012年6月末


鈴鹿市のとある部品加工会社の倉庫で眠っていた車両を、格安のお値段にて譲り受け引き取って来ました。

 

<この車両を見つけた時の写真>

 

IMG_0469
IMG_0468

<引き上げてきた当日の写真>

IMG_0005
IMG_0007_2

早速現状をチェックしてみましょう。

 

前オーナーの話によると、エンジンは掛かるという事でしたので、まずはエンジンの始動チェックをしてみました。ところが、キックを何度繰り返しても全くエンジンは掛かりません。ガソリンタンクを覗いてみると、驚くことになんと一滴のガソリンも入っていませんでした・・・・(笑)

 

とりあえずガソリンを調達してあらためてキックを繰り返してみると、ようやくエンジンが始動しました。スクーターとは思えない迫力のあるエンジン音でした。

 

その後各部をざっとチェックをしただけでも、ざっと以下の通り多数の不具合がありました。

 

<結果>

・エンジンは掛かるが、実用上問題ないレベルにするには調整が必要。

・メインキーの位置が「直流点灯」でないとエンジンが始動しない。

・灯火類が全く点灯しない。

・スピードメーターが動かない。

・適合する駆動ベルトを準備する必要あり。

 

前途多難な感じが漂う車両ですが、自称「手を汚すのが嫌いなバイク乗り」の私にこの車両を復活させる事が出来るのでしょうか・・・?