真夏のビーナスラインツーリング

2017年7月16日()

車両 BMW R1100RS 

走行距離 589Km

カメラ NikonD7000&iPhone7Plus


先日走行距離10万Kmを達成したRSとともに、約4年ぶりにビーナスラインを走ってきました。

前回は、ゴールデンウィークの期間中に諏訪湖畔に宿をとり、周辺の観光を兼ねた一泊二日のツーリングでしたが、今回はいつものメリケンな仲間たちと共に、日帰りツーリングを楽しんで来ました。


出発までの出来事

今回のツーリングは、昨年の富士山ツーリングの流れをくむ、ETC割引を利用したロングツーリングシリーズなので、今年のメインイベント的な位置づけとして準備はかなり以前からすすめていました。そのおかげで、ツーリングプランも満足いくものが出来上がり、あとは決行の日を待つだけとなっていました。

 

ところが、天気予報の内容が思わしくなく、前日までは中止せざるを得ない様な状況でした。

 

それが、前日夕方に発表された日本気象協会の予報によると、ラッキーな事に降水確率が大幅に下がっていましたので、予定どおりツーリングをスタートさせる事にしました。


計画では午前5時にガレージを出発する事にしていたので、前日からツーリングの装備を整え、朝食用の菓子パンを用意し、朝起きてから最短で身支度を調えて4時半には部屋を出られる様にしていました。ところが、部屋を出てドアの鍵を閉めようとすると、財布の中に入っているはずのカードキーがありません・・・。

 

マジかよ・・・(@_@;)

 

まさかの展開にあわてふためき、土足のまま部屋に上がり込んで心当たりを探してみましたが、まったく見つかりません。仕方がないので整理箱をあさって予備キーを引っ張り出し、ようやく部屋の施錠をしてから予定より10分遅れでXVとともにガレージへ向かいましたが、既にいつものメリケンなメンバー3人は全員集合して出発準備を終えていました。常に時間に厳格な俺が一番最後とは情けない・・・。

 

それでも何とか定刻の5時5分前には無事ツーリングをスタートさせる事ができたので、面目は保ちました・・・(^^)

 ちなみに、部屋の鍵は財布とiPhoneを入れていた手提げ袋の中にありましたよ・・・^^;


恵那峡SA

早朝でスカスカの国道23号線を気持ちよく走り、みえ川越ICから伊勢湾岸道路へ上がると、いよいよ高速クルージングの始まりです。諏訪ICまでは片道240Kmという長丁場なので、疲労軽減のために速度を90〜100Km/hあたりに抑え、メリケンな仲間たちを引き連れて、朝の爽やかな風を切りながら朝日に向かって走っていきました。

 

豊田東JCTで東海環状道路へはいり、鞍ヶ池PAで今回初参加のメンバー(ウメちゃんのイトコ)と合流し、土岐JCTから中央自動車道へはいって恵那峡SAで休憩を取りました。

恵那峡SAへ到着したのは午前7時前でしたが、お店はすでに営業しており、結構な数のお客さんで賑わっていました。フードコートのカワセミベーカリーを覗いていると、豚バラカレーパンが無性に食べたくなったので、珈琲とセットで買っちゃいました。こうやって並べて写真を撮ると、私の豚バラカレーパンが一番地味に見えちゃいますが、けっこう美味しかったです(^^)


諏訪湖SA

再び中央自動車道を快走し、今度は諏訪湖SAで休憩をとりました。恵那峡SAから諏訪湖SAまでの約120Kmの区間では、大半が曇り空だったため少し肌寒さを感じる様な場面もありましたが、ここに来て雲間から陽射しが見え隠れする様になり、一気に気温が上昇しました。

SA内のお店を物色していると、神戸屋ブレッズのクリームサンドエクレアがやけに気になってしまい、マルゲリータピザと一緒に買っちゃいました・・・。カフェオレ味のクリームがメッチャ美味しいエクレアでしたd(^_^o)

それにしても、今日は朝からパンばかり食ってるなぁ・・・^^;

駐車場に戻ってみると、私のRSの隣に最新型のRSが停められていました。

なんだ・・・、これは俺に対する嫌がらせか?(単なる偶然です)

 

昨年の前半には本気で乗り換えを検討した最新型のBMW R1200RS。最新のデジタル武装が施された新世代のRSを颯爽と乗りこなすカッコよさと、これから朽ち果てて行く旧世代のRSととことん付き合って行くカッコよさ、どちらを選ぶか悩みに悩んだ結果、後者を選択して我がRSの車検を更新したのでした。

 

あまり見ることのない新旧RSのツーショットを、こっそりiPhoneで写真に撮っておきました。


蓼科湖&白樺湖

諏訪湖ICで中央自動車道をおりると、国道20号線を経由でビーナスラインに入りました。

私以外のメンバーは、ビーナスラインを走るのは初めてなので、まずは前回のツーリング同様に蓼科湖へ立ち寄ってみました。

相変わらず特に見どころのない湖でした・・・^^;

蓼科湖から先に進み、今度は八ヶ岳連峰や南アルプスの眺望を楽しむために女の神展望台へ立ち寄るつもりでしたが、雲が多くて見通しが利かないのと、展望台の駐車場が満杯でバイクを停める場所に苦労しそうだったのでそのままスルーし、白樺湖へ向かいました。

 

白樺湖の向こうに見える車山高原は美しい緑に染まっていて、このあとの走りに期待がもてそうです。


高原地帯は大渋滞

さて、いよいよビーナスラインのハイライトとも言える車山高原〜霧ヶ峰高原へかけての絶景コースを走っていきますが、計画どおりに事が運んだのはここまででした。

車山高原〜霧ヶ峰高原にかけての区間は大渋滞が発生しており、自車線は前も後ろもバイクだらけで、対向車線は車だらけという大混雑ぶりでした。自車線は数珠つながりになりながらも普通に走れましたが、対向車線は完全に停止状態でかなり厳しそうでした・・・。

 

この様な状態だったので、この先立ち寄りを予定していた霧ヶ峰富士見台展望台は駐車場が一杯で入れず、ビーナスラインの名所であるダブルヘアピンを眼下に見下ろせるレストランチャプリン前の駐車場に至っては、有料化されていましたので写真を撮るためだけに立ち寄る事も出来ず断念しました。ここにメンバーのバイクを並べてダブルヘアピンを背景に写真を撮りたかったんだけどなぁ・・・(T_T)

 

ツーレポで写真なしというのも寂しいので、2013年に訪れた時の写真を貼っときます↓


レストランこわしみずで昼食

ビーナスラインは霧ヶ峰農場直売所の交差点で県道194号線へ分岐し、美ヶ原高原へと登っていくのですが、今日のツーリングは霧ヶ峰高原までと決めていたので、我々はこのまま県道40号線を諏訪方面へ下っていく事にしました。その途中に駐車場に若干余裕があるレストランがありましたので、そこに立ち寄り昼食タイムとしました。

このレストランで私が注文したのは、揚げたてカツカレーといういかにも美味しそうなネーミングのカツカレーでした。観光地価格で若干高めでしたが、その名のとおり結構美味しかったですよd(^_^o)


白桃ソフトクリームでツーリングを締める

県道40号線で諏訪まで下ったあとは、諏訪ICから中央自動車道に上がり、適度に休憩をとりながら帰ってきました。往路ではSAへ立ち寄る度にパンばかり食べてましたが、帰りは駒ケ岳SAの白桃ソフトクリームが美味しそうだったので、白桃ミックスを買って美味しくいただきました。

 

高速走行中は、ところどころで雨に見舞われる場面があったものの、いずれも大した事はなくあまり濡れずに済んでいたのですが、最後の休憩に立ち寄った鞍ヶ池PAでは、少し長めの雨宿りを強いられる事になりました。雨が止んだあとも西の方に怪しい雲が見られましたので、念のため高校時代の通学カッパを着用しましたが、結局ガレージに到着するまで雨に振られる事はなく、空振りに終わりました・・・^^;


あとがき

今回のツーリングは、ETC割引を利用したロングツーリングだったので、我々の勤務カレンダーの休日と日曜日が重なる日を調べ、早い段階でこの日を決行日と決めていました。ちょうど時期も7月中旬で、霧ヶ峰高原では高山植物のニッコウスゲが見頃をむかえ、高原の景観を楽しみながら走るのには絶好のタイミングだと考えていたのですが、この日が三連休の中日にあたることを見落としていました。まさかこんなに多くの人が霧ヶ峰高原めざして集まってくるとは思いもしませんでした・・・^^;

 

おかげで、計画していた撮影ポイントでの写真を撮ることは出来ませんでしたが、2013年のツーレポのあとがきに書いた様に、緑につつまれたビーナスラインの風景を楽しむために再訪出来たので良しとしましょう。

 

あと、雨が降る度にネタとして使っていた高校時代の通学用雨カッパは、今回着用してライナーの剥がれが何箇所か見つかったため、退役させることにしました。35年間ご苦労様でした。