SK Hamburger Drive in/Cafe & 伊賀レトロ探訪

2016年1月12日(火)

車両 BMW R1100RS 

走行距離160Km

カメラ Canon G7X


今年はなぜか年初からバイク心がガンダムの様に燃え上がっているので、先週の伊勢神宮への初詣ツーリングに引き続き、今週もRSをひっぱりだし、軽いお散歩気分で伊賀周辺を探訪してきました。


天気はイマイチ

軽いお散歩気分と言いながらも、ボクサーフィーリングはしっかりと堪能したかったので、今週も四日市脱出には東名阪自動車道を使いました。先週より車は多めでしたが、フラットツインの仕事を邪魔するほどではなかったので、快適な高速クルージングを楽しみながら亀山まで駆け抜ける事ができました。

 

亀山で名阪国道へ乗り継いでからも走りは快調でしたが、天気の方がイマイチで、RSの進行方向には鉛色の雲が低く垂れ込め、ついにはフロントスクリーンを雨粒で濡らし始めました。さいわいすぐに止んでくれましたが、中瀬ICで名阪国道を降りたあとも青空は雲に閉ざされたままでした。


SK Hamburger Drive in/Cafe

国道163号線をほんの少しだけ東に走ると、道路脇にエアストリーム(メリケン製のキャンピングカー)の姿が見えてきました。これが本日の目的のハンバーガー屋さん「SK Hamburger Drive in/Cafe」です。

このお店は、エアストリームが調理場で、お隣の店舗が食事スペースというちょっと変わった造りになっています。メニューは豊富で、いろんな種類のハンバーガーがラインナップされていましたが、気さくなマスターがオススメしてくれたポパイバーガーをいただく事にしました。

「お好きな席にかけてお待ちくださいね。貸し切り状態ですから〜。」というマスターの言葉どおり、食事スペースにはだれもおらず、一番乗りでした。

 

店内は、いかにもハンバーガーショップらしくアメリカンな装飾が施されていましたが、それとなくユニオンジャックやクラッシュのポスターが貼られていたり、店内に流れる音楽がパンクロックだったりして、ちょっとイギリスの匂いも見え隠れしていました。

 

個人的には、昭和レトロなファンタの瓶&太陽の塔の置物のコラボがポイント高かったかなd(^_^o)

しばらくすると、ポパイバーガーが焼き上がって来ました。ベーコンチーズバーガーを基本にして、ポパイらしくほうれん草が仕込んでありました(写真ではわかりづらいですが)。頭にのせてあるのは・・・何ていう野菜だっけ?

とにかく、美味しくいただきましたヽ(`▽´)/

ちなみに、エアストリームといえば、かつて同じ三重県の朝日町にあったハンバーガーの名店INDY ROOM CAFEが思い出されますが、まったく関係はないそうです。

 

マスター曰く、このエアストリームに一目惚れして「ぜったいコレを使って商売したる!」と思ったのがお店をひらくきっかけで、将来はエアストリームを半分お店に埋め込んで、お客さんと話をしながらハンバーガーが焼けるようにしたいとの事でした。それが実現したあかつきには、かなりファンキーなハンバーガーショップが伊賀に誕生する事になるでしょう。期待してます!


伊賀のレトロな建物探訪

ハンバーガーを頂いたあとは、せっかくの機会なので上野市内のレトロな見どころを回ってみました。

まず最初に訪れたのは、明治14年に建てられた三重県最古の現存校舎、旧小田小学校本館です。規模は小さいながらも松本市の旧開智学校校舎に似た洒落た建物で、明治の粋を感じさせてくれました。本来なら校舎の中も見学できるのですが、あいにく今日は休館日となっていました^^;

次に訪れたのは、偶然見つけたこの建物。入り口には伊賀まちかど博物館と書かれた表札が掲げられていましたが、こちらも閉まっていたので詳細は不明です。

帰宅後調べてみると、明治初期に建てられた初代上野警察署庁舎との事でした・・・。

この伊賀まちかど博物館の駐車場にRSを停めて、国道25号線沿いに点在する史跡っぽい建造物を見物しながら散策をつづけ、明治33年に建てられた明治校舎が残るという三重県立上野高校の前までやってきました。

 

旧校門越しに見えるその姿は、とても美しいものでしたが、残念ながらグランドの周囲にはネットが貼られており、写真はちょっと残念なものになりました(T_T)

RSを停めた伊賀まちかど博物館のすぐ近くに、過去のツーリングで訪れた事がある大正時代の洋風建築を活かしたお店Cafe WAKAYAがあるので、伊賀のレトロな建物探訪の仕上げとして立ち寄り、珈琲でも飲んでから帰路につこうと思っていたら、なんとここもお休みでした・・・^^;。


久しぶりに酷道で山越え

残念ながらCafe WAKAYAがお休みだったので、伊賀のレトロな建物探訪の締めくくりにふさわしいカフェを求めて、国道422号線を使って山越えに挑みました。久しぶりに走る酷道だったのでちょっと気を使いましたが、幸か不幸か途中で分岐を間違えて伊賀コリドールロードを走ったので、酷道区間は短くてすみました。

 

苦労をした甲斐があってか、山越えが終わると嬉しい事に青空がひろがってきましたヽ(`▽´)/


長谷園 大正館

山越えをしてやってきたのは、過去に何度か訪れた事があるつぐみMカフェのすぐ近くにある、長谷園という伊賀焼の窯元です。その長谷園には大正時代に使われていた事務所が現存していて、カフェスペースとして開放されているという事を知りましたので、急遽今回のツーリングの締めとして立ち寄る事にしました。

実は、ここはカフェではなく単なる休憩スペースなのですが、その仕組が面白いのです。入り口に用意されている伊賀焼の器を自動販売機にセットし、自分の好きな珈琲を選び、飲み終わった器は新聞紙とナイロン袋に包んで持ち帰れるという仕組みになっています。

 

私はグァテマラをチョイスしましたが。中身は至って普通の自販機の珈琲でした(笑)

料金は350円でしたので、伊賀焼の器を持ち帰れる事を考えると割合良心的かな。

私が訪れた時には、大正館の中には誰もおらず貸し切り状態でしたので、店内の様子を思う存分写真におさめ、そのあとは、伊賀焼のスピーカーから流れるジャズに耳を傾けながら、ゆったりとした時間の流れを楽しみました。

そのあとは、長谷園で天保三年(1832年)から昭和40年代まで稼働していたという16連登り窯を見物してから帰路につきました。

帰りは壬生野ICから名阪国道にあがり、再び高速クルージングを楽しみながら四日市まで戻ってきました。


あとがき

今日は軽いお散歩気分で、カメラもコンパクトカメラだけを持参したミニツーリングでしたが、終わってみれば質の高い疑似洋風建築を沢山見る事ができたおかげで撮影枚数も多く、意外と内容の濃いツーリングでした。