はからずも岩村

2013年05月26日(

車両:BMW R1100RS

走行距離:400Km

カメラ:NikonD7000


愛知・岐阜・長野の県境付近に多数存在する、ツーリングマップルのおすすめルートを一挙に制覇すべく走りに出ました。


ツーリングマップルの怪しき文字

日曜日の今日は、高速道路の休日割引が効くので遠慮なく豊田松平ICまで伊勢湾岸自動車道を使い、足助街道(県道39号線)・飯田街道(国道153号線)を走っておすすめルート制覇の起点となる「道の駅:どんぐりの里いなぶ」を目指します。

実は、今日走るルートは、三年前に三重県に赴任して以来ずっと目をつけてはいたのですが、手持ちのツーリングマップル(2010年度版)には、飯田街道のトンネル部分に「地元では心霊スポットとの噂が・・・」という余計な情報が記載されていたため、今までこの計画を発動するのをためらっていたのでした・・・。

でも、意を決して実際に走ってみると、田舎の国道の割には意外と交通量が多く、別に気にする程の事はありませんでした(あたり前だよ)。ある意味その手前で白バイ4台体制で待ち受けていたネズミ捕りの方がよっぽど怖かったですね・・・(笑)

まさかの渋滞

「道の駅:どんぐりの里いなぶ」で一息いれたあと、まずは手始めに、道の駅の先にある交差点からおすすめルートの国道257号線へ合流し、さらに茶臼山高原道路(県道507号線)に分岐して茶臼山高原をめざしました。

ところが、高原道路をしばらく走ると、まさかの大渋滞が発生していました・・・。なんと、この日は茶臼山高原で芝桜まつりなるものが開催中で、その駐車場待ちの列が4Km以上にも及んでいたのでした・・・。どおりでここまで交通量が多かったわけだ・・・^^;


石挽きそばの店 食事処あみの

仕方がないので茶臼山高原道路は途中であきらめ、伊那街道(県道10号線)で根羽村へ下り、次のおすすめルートの三州街道(国道153号線)を北上します。

北上を開始してまもなく、美味しそうな蕎麦屋さんが目にはいったので、少し早めではありましたがお昼ご飯をいただく事にしました。

石挽きそばのお店 食事処あみのです。

注文をしたのはさるそばの大盛りで、山菜の天ぷらもセットになっていました。
麺は少し細めでしたが、それがつゆとよくからんでかなり美味しく、
アタリのお店でしたd(^_^o)

しかも、セットには含まれていませんでしたが、山菜おこわもサービスして頂きました。

バイクの神様降臨

久しぶりに美味しい蕎麦でお腹を満たしたので、三州街道の北上を再開します。さすがにツーリングマップルのおすすめルートだけあって走りやすそうな道でしたが、交通量がそこそこあり、さらにマスツーリングのハーレー軍団の殿についてしまったため、景色を楽みながらの移動に終始しました。

流れが変わったのは阿智村に入り国道256号線へ合流してからです。
この国道256号線の阿智から妻籠へ至る区間には、ツーリングマップルのおすすめルートの印はないのですが、なぜかここで気まぐれなバイクの神様が降臨し、前後にまったく車両の姿が見えないという幸せな状況を演出してくれましたので、思う存分ワインディングロードを楽しむ事が出来ました。


走りを楽しんだあとは、「道の駅:賤母(しずも)」でひとやすみします。
ここには、ブログに良くコメントをいただくネオけんぼうさんオススメの石釜ピザのお店があるのですが、お腹に溜め込んだ大盛り蕎麦がまだ消化されておらず、あのサイズは食べきれないと思い、今回は残念ながら回避しました・・・。次回は必ずいただきます。

中津川市街を抜け、国道363号線の南下を開始してからも、バイクの神様は私とRSのそばにずっと寄り添ってくれていた様で、延々と単独走行の幸せな時間は続きました。

途中にちょっとした険しい山越えもありましたが、その後は水田の緑が彩りを添えた美しい農村風景の中で、胸のすく様な快走を楽しむ事ができました。


岩村の町並み

最後のおすすめルートの中津川道路(国道257号線)へ合流する交差点へ差し掛かろうとしたまさにそのとき、この町並みに遭遇しました。「岩村の町並」です。

まったくの偶然で見つけましたが、私の探訪心を満たすのに充分な町並みでした。

この日は休みでしたが、こんなかわいいカフェで珈琲飲みたかったな。
こんなレトロなカステラ屋さんで、お店ご自慢のスポンジケーキも買っちゃいました。このサイズならお腹に入りましたよd(^_^o)

最後のおすすめルートの中津川道路も掛け値なしの快走ルートで、本日のスタート地点「道の駅:どんぐりの里いなぶ」へ戻ってくるまで、その期待を裏切る事はありませんでした。


あとがき

今日のレポートは、「ツーリングマップル」だの「おすすめルート」だの、同じ文言が何度も出て来ていささか鬱陶しいものになりましたが、そのおすすめルートを使って愛知・岐阜・長野の三県にまたがる大きな輪を描いて帰って来ました。

当初は走りに特化したツーリングにするつもりだったのですが、終わってみればいつもと同じ町並み探訪になっちゃいましたね・・・(笑)