荘川桜リベンジツーリング

2012年5月7日(月)

車両:BMW R1100RS

走行距離:420Km

カメラ:NikonD7000


昨年のゴールデンウィークに訪れたものの、まだ花が咲いておらずガッカリな結果に終わった御母衣湖の「荘川桜」まで、会社のバイク乗りの皆さんとリベンジツーリングに出掛けてきました。


天気予報では、現地の気温は日中は25度近くまであがり「夏日」になるとの事でしたので、今年初めて春秋用のジャケットを着用し、アンダーウェアも割と薄手のものを選択して部屋を出ました。ところが、バイクで走り出すと朝の風は予想以上に寒く、集合場所の木曽三川公園までは苦行に近いモノがありました。

今回の参加者は私を含めて4名でしたが、皆さん口々に寒さを訴えていました・・・。ただ、気温は日中になると上昇するとして、問題なのは空模様です。メンバーの話によると、ちょうど我々がツーリングを終えて三重県に帰ってくる頃の降水確率が70%近くにまで達しているというのです。一応カッパは用意してきているとは言え、雨に降られるのは気分が良い物ではないので、決行可否判断のためにiPhoneのウェザーニュースで一時間ごとの四日市の天気を調べてみると、曇りマークはあるものの雨は降りそうになかったので、それを信じてツーリングをスタートさせました。

長良川沿いに走って岐阜市内に入ったあと国道256号線を北上し、最初の休憩場所の道の駅:ラステンほらどに到着した頃には気温もあがり、ようやく走っていても寒さを感じなくなりました。おかげで、板取川沿いの絶景快走区間を気持ちよく駆け抜ける事が出来ました。


タラガトンネルというかなり長めのトンネルを抜けて郡上八幡へ入ったあとは、県道61号線で再び長良川と併走して白鳥へ至り、あとは国道156号線をひたすら走って御母衣湖へ到着しました。

・・・で、今年の荘川桜はどうかと言うと・・・・

すでに散ってしまっていました(@_@;)

昨年に引き続きガッカリでした・・・(笑)


昨年走った時には気づかなかったのですが、荘川から高山へ向かう国道158号線沿いには割と多くのお蕎麦屋さんがありました。どうやら「そば街道」という別名もあるみたいです・・・。

時刻はお昼時を大きく過ぎていたので、そのうちの一件の「蕎麦正」というお店に立ち寄り、きのこ炊き込みご飯と小鉢&漬け物がセットになった「源流そばセット」を美味しく頂きましたヽ(;▽;)ノ


その後は昨年と同様に、国道158号線&飛騨せせらぎ街道で豪快な走りを楽しみましたが、この区間は森林の中を駆け抜けるため気温も低く、道の駅:明宝で休憩をとるまでの間は再び寒さとの戦いとなりました・・・。 道の駅:明宝では、お約束の「明宝フランク」に「ぴりからウィンナー」を加えて肉々しいおやつのひとときを楽しみました。

郡上八幡からは高速道路を使って一気に岐阜羽島まで戻ってきましたが、一般道へ降り立った途端に雨に見舞われ、心配していた雨中走行をする羽目になりました・・・。ウェザーニュースの嘘つきめ・・・!

木曽三川公園近くのコンビニで解散したあと、遅ればせながらもカッパを着込み、雨&退勤ラッシュと戦いながらガレージまで戻ってきました。

・・・というわけで、「荘川桜リベンジ」は、
桜は既に散り、昨年に引き続き寒さに悩まされ、最後には雨にとどめを刺され
まさに「惨敗」という結果に終わりました・・・。

でも、楽しかったからまあいいかd(^_^o)