渥美半島どんぶり街道ツーリング

2011年07月24日(

車両:BMW R1100RS

走行距離:333Km

カメラ:NikonD7000


掲題通りのお誘いを受けて、会社の皆さんとツーリングに出かけてきました。
(あれ・・・私のRSがほとんど写ってませんよ・・・)

D7K_2638

往路は国道23号線・知立バイパス・岡崎バイパスと、一般道メインで走行して渥美半島をめざしました。

 

途中で走りを楽しむために三河湾スカイラインを利用してみましたが、あいにく路面に枯れ葉が散乱しているわ、水があちらこちらに流れ出ているわ、おまけにスカイラインという割には景色は楽しめないわで、あまり面白い道路ではありませんでした。(でも、あんな状態でも走り屋はいっぱい走ってるんですねぇ・・・)

 

渥美半島に入ったあとは、田原街道と呼ばれる国道259号線を使って渥美半島の先端の伊良湖岬まで至りました。 この伊良湖岬を起点とする田原街道・表浜街道に点在するお店が、渥美半島の豊富な食材を利用してアイデア溢れるどんぶりメニューを提供しているのが、「渥美半島どんぶり街道」です。

 

D7K_2654

パンフレットによると、ざっと30ほどのお店が名を連ねて興味深いどんぶりメニューを提供していましたが、今回はメンバーが以前一度利用したことがあるという「大松屋食堂」を利用する事にしました。

D7K_2653

このお店は、「びっくり天丼」というボリューム満点の天丼が看板メニューの様でしたが、カツに目がない私は「カツ丼大盛り」の文字をメニューに見つけ、いの一番に注文いたしましたd(^_^o)

 

・・・・で、出てきたのがコレ 比較対象となるものが無いので写真ではボリューム感をお伝えしにくいのですが、迫力満点のカツ丼です。

 

D7K_2661

量だけじゃなくて、味の方もとっても美味しかった~ヽ(;▽;)ノ

 

特に、地域柄なのか、会社の食堂ではカツ丼と言えば「味噌カツ」か「ソースカツ丼」しか出てこないので、卵でとじた美味しいカツ丼が食べられたのが嬉しいですね~。

 

さらに驚くのはコレ

メンバーの大半が「天丼の並」を注文する中、一人だけ「天丼の大盛り」を注文した猛者がいたので、並べて写真に撮ってみました。並(手前)でもボリューム満点なのに、大盛(奥)りに至ってはすさまじい限りの量でした・・・。でも、皆さんしっかりと完食されていました。

D7K_2662

帰りは国道1号線経由で豊川ICから東名高速へあがり、美合PAでしばし休憩・・・。 ここで美味しいソフトクリームでも頂こうと思っていたのですが、店頭で焼かれていた「美河ハム手作りフランク」の香ばしい香りに誘われて、ついつい買っちゃいました・・・って、どれだけ食うねん!(笑)

 

いや~、でもこのフランク、とっても肉肉しい味で美味しゅうございました。

 

D7K_2670

あとは、伊勢湾岸道路の長島SAで最後の休憩をとったあと、流れ解散となりました。

 

今回は、メンバーのバイクが電送系のトラブルで赤男爵預けとなったり、東名高速でガソリンタンクが割れて燃料を道路に延々と噴霧しながら走るトラックにバイクを汚されたりと、軽いトラブルはありましたが、参加者13名という大所帯にもかかわらず、無事にツーリングを終える事ができました。

 

(↓メンバーからの頂き物写真)

 

20110724085540