ビッグアメリカンなバーガーを食す旅!

2010年09月07日(火)

車両:BMW R1100RS

走行距離:182Km

カメラ:NikonD40X


東海地方のローカルテレビ番組で紹介されていたアメリカンサイズのハンバーガーを食すために、ガレージ仲間のウメちゃんとともに、岐阜県関市までツーリングに出かけました。


異次元の世界を駆け抜けて

岐阜県制関市までは距離にして約80Kmの道のりですので、今日は一般道オンリーでのツーリングを予定していますが、できれば名古屋市周辺の市街地の混雑は避けたいので、メインルートには長良川西岸の堤防道路を選びました。

 

休憩時間を含めると、約3時間程度の所要時間を見ておく必要がありましたので、昼時に現地へ入るべく午前9:00にツーリングをスタートさせました。ところが、国道1号線の流れがわるく、堤防道路の入り口にあたる伊勢大橋に辿り着くまでにちょっと時間を浪費してしまいました。

 

伊勢大橋の途中にある交差点から、揖斐川と長良川を隔てる中州に降り立つと、ここからは先ほどまでとは異次元の世界が待ち受けていました。左手に揖斐川、右手に長良川を眺めながら走る道路は、水面とほぼ同じ高さに設けられており、水際までの距離もとても近いため、まるで大河の中央を駆け抜けているかの様な不思議な感覚を得られる事が出来ました。

CSC_1999
DSC_1928

堤防道路を疾走

揖斐川と長良川が分かれる辺りから、中州道路は長良川西岸を走る堤防道路に姿を変えます。このあたりからは、交差する国道から流れ込んでくるトラックが多いため、快走とまでは行きませんでしたが、長良川周辺ののどかな景色を楽しみながらのんびりと走る事が出来ました。

 

この道の途中には、太陽電池科学館(三洋電機)の巨大なソーラー(新幹線から見えるやつ)があったり、それに続く墨俣合渡岐阜線には秀吉の出世劇で有名な墨俣一夜城の城址があったりして見所いっぱいでしたが、国道1号線での時間の浪費を取り返したかったので、道の駅:クレール平田で休憩をとるだけにとどめました。


なぜか迷走!

さらに堤防道路を走り続けていくと、前方の山の上にお城の影が見えてきました。おそらくあれが岐阜城なのでしょう。このまま堤防道路を走り続けて岐阜市内を抜けるといよいよ目的地へ到着となります。

 

ところが、どこでどう道を間違えたのか、我々はいつの間にか堤防道路を外れ、岐阜環状道路と呼ばれる県道77号線を走っていました・・・(汗)

ツーリングマップで現在位置を把握しなおし、目的地までのルートを再確認しましたが、このままだとまた途中で道を間違えそうな気がしましたので、念のため携帯の「助手席ナビ」を活用しました。

 

その後は「助手席ナビ」の案内通りにバイクを走らせ、堤防道路への復帰を果たし、途中で長良川を渡って国道156号線に合流して関市入りを果たし、当初の予定通りお昼時に目的地「テキサスバーガー66」へ到着する事ができました。


テキサスバーガー66

お店は簡素な造りで、さほど大きくありませんでしたが、店内には所々にアメリカンテイスト漂う装飾が施してあり、なかなか良い雰囲気を醸し出していました。

 

ハンバーガーの種類は全部で8種類ありましたが、初めての訪問なので、とりあえずおすすめメニューの「テキサスバーガーSP」のお得セット(バーガー 650円・ドリンク&ポテト300円)オーダーしました。ちなみにウメちゃんは「アメリカンWビーフバーガー」のお得セットをオーダーしてました。

アメリカンサイズのハンバーガーと言っても、私は過去に「芦屋バーガー」を経験しているので、さほど驚くことはなかろうとタカをくくっていたのですが、出来上がったハンバーガーを見てビックリ!その考えが大間違いであることを思い知りました。


写真には比較対象物がないので大きさが分かりづらいですが、ただひたすら大きいとしか言いようのないデカさでした(笑)しかも、大きいだけじゃなく、とっても美味しいハンバーガーでした。さらにセットしたポテトも今まで食べたことのない様な味付けで、特筆モノの旨さで、味・量ともに大いに満足できるモノでした。

 

一緒に行ったウメちゃんも大満足の様子でした。

DSC_1942
DSC_1937
DSC_1939

天下布武の城 岐阜城を見物

帰りはちょっとだけ岐阜市内に立ち寄り、信長公が天下布武を目指す拠点となった岐阜城(再建)を山の下から見物してみました。

 

さらに、その後はなぜか岐阜の市街地へ入り込み、JR岐阜駅前に迷い込んでしまいました。でも、そのJR岐阜駅前で、偶然にも金の信長公の銅像を発見しました。ちょうど岐阜城を見物した後で、ネタの繋がりが良いので、わざわざバイクを停めて、信長公の銅像を写真に納めておきました。

CSC_1957
DSC_1964

木曽川はどこだ・・・?

あとは、木曽川沿いを走って帰れば、木曽三川と呼ばれる揖斐川・長良川・木曽川とともに走った事になるので、ツーリングも良い形で締めくくれるかなと思ったのですが、なぜか迷走してしまい、なかなか木曽川へ出ることが出来ません。

 

何度かバイクを停めてツーリングマップルを確認しながら走ってみましたが、地図で見覚えのある地名は出てくるものの、なかなか木曽川へ出ることができず、ついには名神高速道路の高架も通り過ぎてしまうまで南下してきちゃいました。

(後で調べると、どうやら木曽川と平行にずーっと南下していた様です・・・。)

 

ある場所でツーリングマップルを広げて何度目かの位置確認をしていると、ウメちゃんが左手前方に堤防道路の様なものが走っているのを見つけました。

 

「おお、あれこそ木曽川の堤防道路じゃないの・・・!」

 

ようやく木曽川の堤防道路に辿り着く事が出来ました。いや〜、苦労したなぁ。


迷走につぐ迷走・・・

迷走の果てに苦労して辿り着いた木曽川西岸の堤防道路は、予想していた通りの快走路でした。でも、しばらく走るとその先は鎖で封鎖されていました・・・。

仕方がないので、木曽川西岸は諦めて、中州をはさんだ反対側の長良川東岸を南下する事にしました。

 

ところが、長良川東岸の道路は途中から砂利道にかわり、我々の行く手を容赦なく遮りました・・・。どうやら木曽川と長良川の中州を通って三重県まで戻るのは不可能な様です・・・。

 

仕方がないので、少し後戻りして木曽川西岸へ渡り、往路と同じ道を通ってガレージまで帰ってきました。ああ、もっと良く木曽三川の地形を調べておけば良かったですよ・・・(汗)

DSC_1989
DSC_1992

あとがき

今日も迷走が多いツーリングで、特に帰りは木曽三川の複雑な地形に翻弄されるかたちとなりましたが、まがいなりにも木曽三川とともに走ることが出来ましたし、何よりも絶品モノのハンバーガーを食す事が出来たので、満足度の高いツーリングとなりました。