トヨちゃんDragStar購入おめでとうツーリング

2007年09月16日

車両:BMW R1100RS 

走行距離:358km

カメラ:Nikon D40X


会社の同僚で、古くからのバイク仲間のトヨちゃんが、この度めでたくYAMAHAのDragstarを購入しましたので、そのお祝いとして天橋立まで一緒にツーリングに出かける事にしました。

私とトヨちゃんとのつき合いはかなり長く、今の会社に入社して初めて一緒にツーリングに出かけたのがトヨちゃんでしたし、我が初代愛車エリミネーターを手放す時に引き取ってくれたのも、何を隠そうこのトヨちゃんでした。ちなみに、その後バイク引き取り業者にエリミネーターをドナドナしたのも彼です(笑)。

トヨちゃんがDragstarを購入したのは6月初旬で、その頃から久しぶりに一緒にツーリングに行こうと約束していたのですが、今回ようやく実現の運びとなりました。


あわてる

ここ数日、天気予報をこまめにチェックしていましたが、ツーリング当日の日曜日の天気はあまり芳しくない状況でした。前日の夜も時々雨が降り出す始末で、朝方に雨が残らないか心配でなりませんでした。

当日の朝は、路面は少し濡れているものの雨は降っておらず、ツーリングに出られそうな状況でしたので、トヨちゃんと電話で予定通り出発する事を確認し、出発準備を整えました。その際に、何気なくデジカメをチェックしてみると、バッテリーがLowになっていてシャッターが切れませんでした。

何で・・・?二日前の夜にバッテリーは充電したはずなのに・・・。

バッテリーを充電器に接続しても、ランプは充電済みになっているので、やはりバッテリーの充電は完了しているはず・・・、という事はカメラ側の異常なのか・・・?説明書を見ても原因が分からなかったので、カメラ本体のリセットボタンを押してみましたが、症状は変わらずバッテリーはLowのままです・・・。

 

D40Xよ、早くも故障してしまったのか・・・?不安を抱えたままもう一度バッテリーを充電器に接続してみると、なぜか今度は充電器のランプが充電中の表示に変わりました。あれれ・・・どうして?

時間もあまりなかったので、5分だけ充電してバッテリーをカメラに装着すると、バッテリーの残量表示は少し回復していました。という事は、やはりバッテリーが充電できていなかったのでしょうか?

何はともあれ、5分だけの充電では心もとないので、充電器と予備のカメラ(昔使っていたIXY450)を持って集合場所の姫路サービスエリアへ向かう事にしました。

ところが、RSのエンジンに火を入れて姫路バイパスに向かっていると 雲間からは青空がのぞいていると言うのにポツポツと雨が降り出しました。しかも困った事に、姫路バイパスに上がるとさらに雨足は強まってきました。ただ、前方には奇麗な虹が架かっていて、ツーリングネタとしては美味しそうです。姫路サービスエリアから虹の写真が撮れればいいかな?なんて思いながら走っていたのですが、トンネルを抜けると虹を追い越してしまっていました・・・残念。

姫路サービスエリアへ到着し、濡れたウェアを脱ぎ捨てて休憩室で待機していると、ほどなくトヨちゃんが真新しいDragstarに乗って現れました。さすがに新車だけあって、Dragstarのメッキが目にまぶしい程輝いていました。しかも、先ほどまで降っていた雨も嘘のようにあがっていました。

 

DSC_1511

ツーリングスタート

トヨちゃんと無事合流を果たした後は、休憩室で本日のルートについて簡単に打ち合わせをしたあと、早速ツーリングをスタートさせました。まずは姫路バイパスから姫路西バイパスを経由し、夢前方面を通過して福崎へ至り、福崎から国道312号線に合流して北上を開始しました。

信号待ちの間に昔のツーリング話を挟んだりしながら、なかなか良い雰囲気で北上を続けます。市川町をこえたあたりから車の量もまばらになり、信号の数も少なくなって来たので、快適なペースを維持しながら最初の休憩地点である「道の駅:あさご」を目指して走りました。


道の駅:あさご

本当はこの先にある「ドライブインあさごやま」で休憩をしたかったのですが、かねてから恐れていた事が現実となり、ついに潰れてしまったのです・・・。このあたりを走る時の定番の休憩地だったのに残念です・・・。

「道の駅:あさごで」は、いくつかの大きなツーリンググループが休憩中でした。やはり休憩地点で多くのバイクに出会うとツーリングらしい雰囲気を味わえますね。

私はD40Xのバッテリーの充電のため、空きコンセントがないか探してみたのですが、残念ながら見つける事が出来ませんでした。何とか天橋立までカメラの使用を節約しないと・・・。

DSC_1512

青空のもと国道176号線を快走する

「道の駅:あさご」を後にした我々は、和田山から国道9号線を使って東へ向かって走ります。目の前に広がるのどかな景色の中を快適なペースで駆け抜て京都府入りを果たしたあと、「牧」交差点で国道175号線へ分岐して再び北上を開始します。この頃になると、曇りがちだった空に青空が見え始め、辺りの風景を美しく照らし出していました。

国道175号線から分岐した国道176号線では、我々二台の後ろには一台の車もおらず、 美しい夏空を背にして走るトヨちゃんのDragstarが、まるでツーリングマップルの表紙の様な素晴らしいカットで、私のRSのミラーの中に映し出されていました。また、加悦大橋渡る際には、三年前のツーリングでは霧に閉ざされて見ることが出来なかった、のどかな盆地の風景も楽しむことが出来ました。

加悦大橋を通過してしばらく走ると小さな展望台がありましたので、そこで景色を楽しもうと思って立ち寄ってみましたが、先ほどの加悦大橋ほどの眺望は見ることが出来ませんでした。

この展望台に滞在している僅かな時間の間に、沢山のバイク乗りたちが我々の前を通過して行きました。走っている時にすれ違うバイクが少ないなと思っていたら、みんな同じ方向へ向かって走っていたのですね。

DSC_1515
DSC_1516

道の駅:シルクのまちかや

展望台から少し走ると、本日第二の休憩ポイントとして設定していた「道の駅:シルクのまちかや」に到着です。


ここでは、ラッキーな事に自動販売機の横に空きコンセントがありましたので、ちょっと拝借してD40Xのバッテリーを充電させてもらいました。これでバッテリーの残量もかなり回復しましたので、今後の写真撮影に対する不安もなくなりました。よかったよかった。

そして我々二台は再び国道176号線を走って宮津入りを果たし、本日の目的地である天橋立へ到着しました。

 

DSC_1517

日本三景天橋立

天橋立に関しては、私がいまさら説明をするまでもありませんが、逆さに見ると天に昇る階段に見える事から名前が付けられたという、日本三景の一つにも数えられる景勝地です。全長約3.6kmにも及び砂州には、約8,000本の松の木が群生しているそうです。

私とトヨちゃんは、「三人寄れば文殊の知恵」の語源となった知恩寺の文殊堂を見物したあと、天橋立の砂州の中を歩いてみました。天橋立の砂州には「天橋立神社」や名水100選にも数えられる「磯清水」など、多くの見所が点在していました。

DSC_1525
DSC_1560
DSC_1539
DSC_1528

飛龍観

また今回は、天橋立の砂州を歩くだけでなく、リフトに乗って山の上まであがり、展望台から天橋立の景観を楽しむことにしました。というのも、私は今までツーリングで何度か天橋立へ訪れてはいるのですが、展望台から天橋立の全景を眺めたことが無かったのです。

DSC_1540

山頂の天橋立ビューランドに設けられた展望台からは、龍が天に昇っていく姿に似ていることから名付けられた「飛龍観」という景色を楽しむ事ができました。
 
ちなみに対岸の傘松公園からは天橋立が宮津湾にまっすぐ横たわっているように見えるため、「斜め一文字」呼ばれ、さらに東からの景観は「雪舟観」、西からの景観は「一字観」と、それぞれ天橋立の姿によって名前が付けられているそうです。今度は別の角度からの天橋立を楽しんでみたいですね。

DSC_1546

時刻も13時を越えていたので、この天橋立ビューランドにあるレストランで昼食をとることにしました。


この天橋立がある宮津という街はアサリが有名なようで、メニューのいたるところにアサリの文字が見受けられました。私とトヨちゃんはおすすめメニューの「宮津風ソースカツめし」を注文し、美味しくいただきました。ちなみに宮津風というだけあって、このカツの中身もアサリでした。

DSC_1556

伊根の舟屋群

天橋立も充分堪能したので、私とトヨちゃんは丹後半島東岸沿いの海岸線を気持ちよく快走し、次の目的地である伊根町へ向かいます。途中で雨がパラつく場面もありましたが、大した影響を受けることもなく「道の駅:舟屋の里伊根」へたどり着きました。

「道の駅:舟屋の里伊根」の展望台から伊根湾の景観を堪能した後は、伊根の集落の中までバイクを進め、趣のある舟屋群をバックにトヨちゃんのDragStarと私のRSを写真に納めました。

DSC_1593
DSC_1581
DSC_1586
DSC_1585

嗚呼おそろしきかな宮津インターチェンジ

伊根の船屋群も充分堪能したので、そろそろ帰路につくことにします。帰りは高速を使うので京都縦貫道の天橋立ICを目指して走りましたが、途中でまたしても雨がパラつきだし本降りになりそうな気配でしたので、ガソリンスタンドに寄ったついでにカッパを着込みました。

途中の宮津トンネル付近の渋滞にはかなり手こずりましたが、何とか抜け道を使って天橋立ICにたどり着き、あとは高速道路に飛び乗って快適クルージングで姫路を目指すだけだ・・・と思っていたら、

 

宮津ICの料金所に差し掛かって唖然!

        ETCゲートありませんやん・・・(O_O)

仕方ないので一般ゲートを利用して手で高速チケットを受け取りましたが、久々だったのでちょっと焦りました・・・(汗)

あとは、時折パラつく雨に注意しながら、京都縦貫道→舞鶴自動車道→中国自動車道→播但連絡道と高速道路を乗り継いで姫路まで帰ってきました。


まとめ

今日は、ようやくトヨちゃんと走りに出るという約束を果たす事ができました。天候にはあまり恵まれませんでしたが、それでも予定していた見所も全て回ることが出来てとても満足度の高いツーリングとなりました。涼しくなったらまた行きたいですね。