雨に敗れた福知山ツーリング

2006年07月16日(

車両:BMW R1100RS

走行距離:255km

カメラ:Canon IXY DIGITAL450&ウメちゃんカメラ


今日は「プチ・イージーライダーな旅」仲間の「ウメちゃん」とツーリングに出ました。本当は、15日に「プチ・イージーライダーな旅9」を発動して、楽天メンバーのブログによく登場する滋賀県のハンバーガーショップを目指そうと思っていたのですが、私の用事で16日に日程変更したため、「ミキオ君」が家庭の用事で参加出来なくなってしまいました。ミキオ君申し訳ない・・・。ハンバーガーショップへは三人揃って行きたいので、今回は別の目的地を設定して、「ウメちゃん」と二人で走りに出る事にしました。


日曜の朝の風景

午前9:00の集合時間に間に合う様に身支度を整え、近所のGSで今日の行程を走破するための燃料を補給し、集合場所の姫路バイパスの姫路サービスエリアへ向かいました。姫路サービスエリアでは、大所帯のツーリンググループが集合待ちをしていて、結構な台数のバイクが集まっていました。また、この近くで何かの催しがあるのか、数台のスーパーカー(←古い表現やな)が駐車場で集合待ちをしていました。私がバイクを停めた時にはスーパーカー乗り達はサービスエリアを出て行くところだったので、残念ながら写真は撮れませんでした。

「ウメちゃん」が到着するまでの間、休憩室で缶コーヒー片手にツーリングマップルと睨めっこをして、前日まで決めかねていた本日の走行ルートを絞り込み、「淡路島一周」に決めました。


裏切りのたこフェリー

今回淡路島へ渡る手段は、明石港と岩屋港(淡路)を結ぶ「たこフェリー」を利用する事にしたので、明石港へ向かって姫路バイパス〜加古川パイパスを東へ走ります。かなりの交通量でしたが幸いな事に渋滞の発生はなく、スムーズに走る事が出来ました。頭上には青空覗いており、夏の陽射しを感じながらの走行となりましたが、吹き抜ける風が爽やかで意外にも暑さを感じる事はありませんでした。

「たこフェリー」の乗り場まで行ってみると、前方には沢山のバイクが乗船待ちをしており、1時間待ちの状態でした・・・。こりゃ〜参った!!

元来待つことが嫌いな上に、どうしても淡路を一周したいという確たる理由もなかったので、「タコフェリー」への乗船はあきらめ、再びツーリングマップルを片手に今後のルートを検討した結果、国道175号線を北上して福知山を目指すという事で「ウメちゃん」とも意見が一致したので、急遽福知山を目指す事にしました。

せっかく明石まで来たのだから、久しぶり明石焼きでも食べておくか・・・とも思いましたが、まだ午前10:00という事もあり、ちょっと昼飯には早すぎたため、明石焼きは断念しました。

 

IMG_4007

共進牧場でソフトクリームを食す

ちょこまかと明石市内を走り抜け、国道175号線へ合流して北上を開始します。明石市・神戸市西区の雑踏を抜けると、国道175号線はのどかな田舎道の様相を呈してきます。西神(せいしん)ニュータウンの立派なビル街を遠くに見ながら、我々はのどかな田園風景の中を快調に駆け抜けました。

三木市へ入ると国道175号線はバイパスとなり、片側二車線の立派な道路へと姿を変えます。車の流れに乗って走っていると、高速道路でもないのにスピードメーターが80km/h超に・・・。やばいやばい!慌てて走行車線に戻ってスピードダウン。こんなところでスピード違反で捕まったりしたら洒落になりませんからね。この状況は小野市に入るまで変わりませんでした。

小野市に入ると、夏の陽射しに照りつけられて暑くなった身体をクールダウンさせるため、私の子供の頃のローカルCMの雄である「共信牧場」に立ち寄り、レストラン「ミルカーズ」で名物のソフトクリームを食べました。ツーリングマップルにも取り上げられるだけあって、何度食べてもこの美味さは絶品です。

絶妙な美味さに舌鼓をうったあと、レストラン「ミルカーズ」の外観を写真に納めようとして空を見上げると、さっきまでとはうって変わって、辺り一面を怪しげな雲が覆いはじめていました。

 

IMG_4010

道の駅:丹波おばあちゃんの里

「ナイル書店」で有名な社町(やしろちょう)を抜け、「日本のヘソ」である事にこだわり続ける西脇市を抜けると、国道175号線は再び片道一車線となります。この辺りまで来ると交通量もそれなりに減ってきて、走りを楽しめそうな雰囲気が漂い始めていましたが、以外にも信号が多くストップ&ゴーの繰り返しばかりで、快適な走りが楽しめたのは「子午線が通る町」氷上(ひかみ)に入ってからでした。

ツーリング開始から走行距離は120kmに達しようとしていたので、「ウメちゃん」のハーレーに給油をするため、ガソリンスタンドへ立ち寄りました。その間に私はツーリングマップルでこの先の休憩ポイントを探して見ましたが、めぼしい所が見あたらなかったので、このまま一気に福知山を目指して現地で昼食を取る事にしました。

ところが、走り出して間もなく、「道の駅」までの案内標識が現われました。どうやら私のツーリングマップルが古かった様ですね。というわけで、昼食を食べられる店を求めて「道の駅 丹波おばあちゃんの里」へ立ち寄りました。

この「道の駅 丹波おばあちゃんの里」は、なかなか規模が大きく、建物などもとても綺麗でした。それもそのはず、後で調べてみたところ、今年の4月18日にオープンしたばかりの真新しい道の駅でした。どうりで私のツーリングマップルに載っていないはずですね。

IMG_4015
IMG_4012

「ウメちゃん」と二人で建物の中を見て回りましたが、残念ながら食べ物屋さんは併設されていませんでした。ただ、店舗で売られていた焼きたてパンが妙に美味そうに見えたので、昼飯代わりに食べてみる事にしました。するとこのパンが激ウマで、カレードーナツ・ハムたまごパン・お好み焼パンの三つを一気に平らげちゃいました。

腹ごしらえと休憩も終えたので、そろそろ出発しようかと思っていたところ、ついに空からポツポツと小さな雨粒が落ち始めました。しかも、雨脚は徐々に強くなり、ついに土砂降りとなりました。我々は急いで建物の屋根の下に退避し、雨が止むのを待ちました・・・。

30分ほど経過したでしょうか、ようやく雨も上がったので出発しようとしてバイクの所に戻ってみると、何とシートの上にびしょ濡れになったツーリングマップルの変わり果てた姿が・・・。どうやら慌てて退避したため、ツーリングマップルをシートの上に置き忘れてしまった様です。長年の使用によりボロボロになったツーリングマップルが、さらに水を含んでふやけちゃってました。大事な旅の友なのに・・・不覚!

IMG_4014

雨の福知山入り

雨もやんだので再び福知山へ向けて再び走り出した我々でしたが、少し北上しただけで再び雨に見舞われてしまいました。先ほどは休憩中であったため事なきを得ましたが、今度は走行中に直撃を受けたのでどうしようもありません。しかも、周りは山と田畑ばかりで雨宿りが出来そうな場所も見当たりません。仕方がないので、どこか雨宿り出来そうな場所が見つかるまでそのまま走り続ける事にしました。

ちょっとした山越えを経て福知山市内に入りましたが、それでも雨宿りが出来そうな場所は見当たりません。国道9号線との交差点の手間にある、福知山サンホテルの前に大きな屋根付きのコインランドリーがみえたので、そこへ駆け込んでようやく雨をしのぐ事が出来ました。

幸い我々がここへ駆け込むまではさほど激しい雨ではなかったため、ジャケットの肩から袖にかけてと、ジーンズのスネの辺りを濡らしただけで済みましたが、その後どんどん雨脚は強まり、ついには雷まで鳴りはじめる始末でした。「梅ちゃん」はカッパを用意していなかったので、ある程度雨脚が弱まるまでここで待機しなくてはなりません。西の空にはまだまだ暗雲が立ち込め、北の空には雲の切れ間から青空が覗くものの、山を覆い隠すかの様に雲が低く垂れこめ、余談を許さない状況でした。

我々が降りしきる雨を眺めながら雨宿りをしている目の前を、幾つかのツーリンググループが雨にも負けず通り過ぎて行きました。

IMG_4018
IMG_4019
IMG_4024
IMG_4022

雨に敗れる

小一時間ほどの雨宿りを経てようやく雨脚が弱まったので、いつものごとく雨の日のお供である高校時代の通学カッパを着込み、ツーリングを再開することにしました。

せっかく福知山まで来たのですから、明智光秀が築いた福知山城とその城下を散策したいところでしたが、この降りしきる雨の中ではそうも行かず、せめて福知山城だけでも写真に納めておきたいと思ってお城の近くまで近寄って見ましたが、なかなかお城がきれいに見えるポジションが見つからなかったので、今回は写真に納めるのは断念しました。

いつもなら、ガンガン歩き回ってベストポジションを探し回るのですが、残念ながら雨に敗れてしまいました。帰りの国道9号線の高架部分からは福知山城を遠望出来ましたが、デジカメに納めるのは無理があると思い、そのまま通過しました。(今思うと、無理してでも撮っておけば良かったかも・・・。)

IMG_4025

国道9号線

帰りは国道9号線で和田山まで戻り、和田山から国道312号線を南下して姫路へ戻るルートをとる事にしました。

福知山市内を離れ、国道9号線をひたすら西へ向かって走って行きます。対向車線を通り過ぎて行くライダー達もカッパを着込んでいるため、西の方でも雨が降っているかと思っていましたが、西へ走るほどに雨脚は徐々に弱まり、やがて雨は上がりました。

直前まで降り続いた雨が大気中の汚れを洗い流してくれたため、国道9号線沿いの農村風景がより一層鮮やかさを増して我々の目を愉しませてくれました。晴天であれば目に鮮やかな田園風景を眺めながら快走する事ができる国道9号線でしたが、山を覆い隠す様に垂れ込めた雲と、その向こうに見え隠れする青空が同居するという、異様な雰囲気の中を駆け抜けました。

雨もあがったため、カッパも必要なくなったので、「ドライブイン夜久野」へ立ち寄ってカッパを脱ぐついでに休憩を取り、あとは和田山経由で国道312号線を一気に南下し、姫路まで帰って来ました。

IMG_4028

まとめ

今日は、「タコフェリー」に裏切られたため急遽予定を変更し、さらに「雨」に祟られたため、見どころを回る事なく走りに終始したツーリングとなってしまいました。まあ、こういうのもツーリングらしくて、たまにはイイかもしれませんね。ただ、今日のリベンジとして、いつかは福知山ツーリングを敢行したいですね。


・・・・で、本来ならこれで終わるはずが、20時前に「ウメちゃん」から携帯に電話が・・・。18時過ぎに姫路市内のコンビニで最後の休憩を終えて分かれたあと、自宅まで帰る途中に何とハーレーのアクセルワイヤーが切れてしまったのだそうです・・・。道端で工具を広げ、何とかワイヤーの引き側と戻し側を入れ替えて応急処置を済ませ、ようやく自宅まで帰って来たとの事でした。さすが「ウメちゃん」、トラブル対応の腕はさすがですね。しかし、昔から一緒に走りに出ると必ず何か一つネタを提供してくれる「ウメちゃん」。今回もおいしいぞ・・・(笑)