第3回Rider's Blog Meetingに参加する

2006年10月15日(

車両:BMW R1100RS

走行距離:453km

カメラ:Canon IXY DIGITAL450


楽天ブログでリンクして頂いている爽父&麻やんさんからお誘いを受けたので、「Riders Blog Meeting」に参加する事にしました。本日一緒に走るメンバーは、主催者の爽父さんと、その友人の麻やんさん、そしてこの「Riders Blog Meeting」の影のコーディネーターであるゴン@神戸さん、そして私を含めた四人です。みなさんとお会いするのは今回が初めてなので、どの様なツーリングになるのか楽しみです。


名神「桂川パーキングエリア」へ

爽父さんから名神高速桂川PAに午前9:00集合と連絡を頂いていたので、時間に遅れない様に早起きをして午前6:30には家を出ました。姫路バイパスから播但連絡道路を経由し、まだ車もまばらな山陽自動車道へ合流し、東の空に昇る朝日に向かって快走します。

朝の冷たい風を切りながら快走している途中で、私のRSがめでたく走行距離66,666kmを迎えたので、記念写真を撮っておきました。

神戸JCTで中国自動車道に合流したのは午前7:15で、かなり早めに到着しそうだったので、西宮名塩SAで少し時間調整をする事にしました。携帯メールで爽父さんに西宮名塩SAにいる事を告げると、爽父&麻やんさんも今から出発するという旨のメールが帰ってきました。全て順調に事が運んでいる様です。

頃合いを見計らって再びRSで中国自動車道を走り、「太陽の塔」に朝の挨拶を済ませたあと、吹田JCTから名神高速へ合流し、走行車線をゆっくり流しながら集合場所へ向かい、午前8:15頃に桂川PAへ到着しました。

 

IMG_4722

RBMスタート

桂川PAでは、多くのバイク乗りたちがツーリングの出発待ちをしていました。私が到着すると同時に二輪車駐車場のスペースが空いたので、そこにRSを滑り込ませました。隣にはマグナが停まっています。おそらく本日一緒に走るゴンさんの愛車なのでしょう。でも、あたりを見渡してもゴンさんらしき人が見あたりません。というか、初対面なので分からないと言った方が正しいですね。

しばらくすると、赤と銀の二台編成のスポーツスターがPAへ入ってきました。この組み合わせは間違いなく爽父&麻やんさんでしょう。近くまで歩み寄り声を掛けてみると、やはりそうでした。お互い初対面の挨拶を交わしていると、どこからともなくゴンさんも登場されたので、ゴンさんとも挨拶を交わし、しばし談笑しました。皆さん気さくでな方達ばかりだったので、初対面にも関わらず、さほど緊張する事もなくすぐにうち解ける事が出来ました。

そして、ゴンさんから本日のルートの説明を受けたあと、それぞれの愛車に跨り、「第三回 Riders Blog Meeting」をスタートさせました。

 

IMG_4723

道の駅:くつき本陣をめざして

ゴンさん先導のもと、京都南ICから国道1号線へ合流し、車の流れに乗って京都市内を駆け抜けていきます。京阪国道口の交差点を右折すると、目の前に巨大な東寺の五重塔が姿を現し、京都を起点にツーリングを開始したのだという事を実感させてくれます。

その後、何処を走ったのかはあまり良く分かっていないのですが、京都御苑の前を通過し、本日のメインルートである鯖街道(国道367号線)へ合流しました。

 

鯖街道を走って京都市街地を離れると、周りの景色も少しずつ山里らしい情緒を見せ始め、ツーリングに相応しい雰囲気を醸し出して来ます。三千院や寂光院といった観光名所が近づいてきたところで、みなさん給油のためにGSへ立ち寄りました。私は山陽自動車道の三木SAで入れたばかりなので大丈夫でしょう。

 

IMG_4727
IMG_4728
IMG_4729
IMG_4730

移りゆく景色にとけ込む様に走る三台のバイク眺めながら走っていると、じわじわとマスツーリングの楽しさがこみ上げて来ます。私はソロツーリングがメインで、たまに集団で走る時も先導役ばかりなので、仲間のバイクを前方に見ながらのツーリングというのは本当に久しぶりなのです。ですから、車の流れに乗って走っているだけでも楽しくて仕方ありません。


前方を走る車も少しずつ道を譲ってくれて、我々の前を走る車は残すところ1台のみとなりました。その瞬間、ゴンさんが愛車マグナにフルスロットルをくれて追い越しを掛けます。私は「お〜!ここで行くか〜」と思わずヘルメットの中で声を上げてしまいました(笑)。

当然麻やんさんと爽父さんもそれに続いたので、私もRSのアクセルを捻って車を追い越します。麻やんさんと爽父さんはそのままのペースを維持し、ゴンさんを追い越してワインディングへ突入して行ったので、私も頑張って追いかけて行きました。かなりハードなペースです。麻やんさん「今日はツーリングやから。」って言ってなかったっけ?(笑)

しばらく激走(←私にとっては)を続けますが、再び前方の車列に追いついてしまったので、美味しい走りは一旦終了です。信号待ちの際に路肩を走って車列の一番前まで進むと、そこにはバイクの大集団が信号待ちをしていました。集団の後方にはハーレーやビューエルに乗った女性ライター達が陣取っていました。目が合ったので軽く会釈すると、女性ライダー達も挨拶を返してくれました。

信号が青になると大集団は一斉に走り去って行きましたが、女性ライダーたちはマイペース、どうやら大集団とは別のグループの様です。すでに爽父&麻やんさんたちは女性ライダー達の前方を走っていたので、私も女性ライダー達一人一人に挨拶をしながら追い越して行きます。そして、橋を渡ったあとの右コーナーを抜け、爽父&麻やんさん追撃のためにRSに鞭を入れようと思った瞬間、前方に見事な景色が現れました。青空を背負った山々に向かって真っ直ぐに伸びる道、そしてその左右に広がる田園風景と横たわる川、ツーリングライダーの心を揺さぶる景色です。この景色に見とれてしまい。思わずアクセルを緩めてゆったりペースで走ってしまいました(笑)。

再び車に頭を抑えられたところで、大集団&爽父&麻やんさん達に追いつき、後方から女性ライダー達とゴンさんも合流しました。その合流した地点のすぐ先が、本日の第一休憩ポイント「道の駅:くつき新本陣」でした。

「道の駅:くつき新本陣」は、かなりの台数のバイクで賑わっていました。我々四人は、駐車場に並ぶ蒼々たるバイク達を眺めたり、先程までの走りやお互いのバイクの事などを談笑しながら楽しい時を過ごしたあと、次の目的地であるJ R小浜駅前へ向かって出発しました。

IMG_4731
IMG_4733

はからずも福井県制覇

日本海の魚介類を京都まで運んだ事にちなんで名付けられた鯖街道は、周山街道と並んで関西屈指のツーリングルートとしても有名です。そのため、対向車線を走って来るバイクの数も半端ではありません。和洋・新旧問わず、多種多様なバイク達が集団を組みながら次々と通り過ぎて行くので、それを見ているだけでも充分楽しめました。

国道367号線から国道303号線へ合流し、しばらく走ると「福井県」という県境標識が目に入りました。いよいよ福井県突入です・・・って福井県?そういえば、小浜といえば福井県じゃないか・・。という事は、この地の名所・見所に立ち寄れば、「制覇の図」の福井県制覇じゃないですか・・・。これは嬉しい誤算でした。

国道303号線から国道27号線へ分岐して、前後を走るバイクの大集団に飲み込まれながらも、鯖街道の起点である小浜市へ入り、次の休憩ポイントであるJR小浜駅前へ到着しました。

IMG_4735

かねまつで刺し身丼にびっくり

JR小浜駅前でひとしきり休憩&談笑を終えたあとは、小浜駅前大手通りのビルの2Fにある「地魚の店かねまつ」で昼食をとる事にしました。このお店はかなり有名な様で、我々がお店に入ったあとも続々と各方面からツーリングライダー達が押し寄せて来ました。

お店の中は満席でしたが、幸い順番待ちの一組目だったので、さほど待たずに座敷へ案内されました。メニューを見て私が注文したのは「刺身丼」。海の幸はイマイチ苦手だけど刺身は大好物という、少々身勝手な偏食癖がある私にはうってつけのメニューです。しかもそれが500円というから驚きです。

そして、出てきた料理を見て二度びっくり!丼鉢一杯に刺身が盛られていて、かなり食べ応えがありそうです。ぎっしり敷き詰められたイカの刺身の下には、マグロやハマチがふんだんに詰め込まれていました。これで500円というのは驚きです。ちなみに下の写真はゴンさんが注文した焼き魚定食、当然魚は鯖街道にちなんで鯖をチョイス。この鯖の大きさも驚きでした。みなさん、小浜にお越しの際は「地魚の店かねまつ」にお立ち寄りを!

IMG_4743
IMG_4742
IMG_4741

その後はすぐ近くにある「若狭フィッシャーマンズ・ワーフ」へ立ち寄り、休憩&土産物を物色したあと、小浜湾の景色を堪能しました。

IMG_4746
IMG_4745
IMG_4750

周山街道で京都へ

帰りは周山街道(国道162号線)を使って京都を目指します。川沿いの景色やのどかな農村風景を楽しみながらバイクを走らせます。しかし、ワインディングでは遅い車に頭を抑えられたので、残念ながら走りを愉しむ事は出来ませんでした。

遅い車をやり過ごすため「道の駅:名田庄」へ退避すると、ここもでも多くのライダー達が休憩しており、沢山のバイクたちを見る事が出来ました。

IMG_4756
IMG_4760
IMG_4758

 

 

あとは、杉木立の間を駆け抜けながら周山街道を南下し、昨年のツーリングで立ち寄った「カモノセキャビン」の前を通過し、京都市内まで戻って来ました。最後のワインディングでは観光バスに頭を抑えられ、京都市内では渋滞に悩まされたりしましたが、何とか最後休憩ポイントである名神高速桂川PAまで辿り着きました。

IMG_4761
IMG_4764
IMG_4763

桂川PAで一応お別れの挨拶を交わしたあと、吹田JCTまで一緒に走り、私は一足お先に中国自動車道へ分岐していきました。「皆さん、今日は本当にお疲れ様でした〜。」

その後はノンストップで山陽自動車道→播但連絡道路→姫路バイパスと乗りつぎ、19:00過ぎに自宅へ辿り着きました。


あとがき

今日は関西屈指のツーリングルートである鯖街道と周山街道を一気に制覇するという、とても贅沢なツーリングでした。始めてお会いした皆さんとも自然とうち解けて、楽しい時間を過ごす事が出来ました。みなさんどうも有り難うございました。次回も是非お誘い下さい。