行き着く先は丹波篠山

2005年05月28日() 走行距離 180km Canon IXY DIGITAL450


子供は運動会の準備があるので学校へ行き、嫁さんは出勤日となっています。という事は、嫁さんを職場へ送って行ったあと、子供が帰って来る午後3時頃までは、私一人で自由に時間を使う事が出来ます。これはいい機会なので、RSで走りに出る事にしました。

来週、家族で愛知万博へ行く予定なので、その前に昭和の万博の象徴ともいえる「太陽の塔」を見てみたいと以前から思っていたので、「太陽の塔」を見に万博記念公園へ行く事にしました。


道に迷って目的地変更

今月は、四国ツーリングでかなり高速料金を使っているので、出来るだけ有料道路を使わずに、最短で万博記念公園まで行けるルートを検討した結果、加古川市から県道を上手く使って、ほぼ最短距離だと思えるルートを走る事にしました。かなり複雑なルートになりそうなので、間違え防止のために、曲がる交差点名と県道番号を書き出したメモをRSのタンクに貼り付け、ツーリングをスタートさせました。

まずは、いつも通りバイパスを使って加古川市まで走り、予定どおり加古川沿いの県道18号線を走ります。タンクに貼り付けたメモ通りに交差点を曲がり、県道18号線から県道20号線へ合流します。さらに次の交差点を右折し、ひたすら東を目指します・・・・が、なぜが進行方向に太陽が・・・。コレってひょっとして南に走ってるの?

「いきなりルート間違え発生か?」と思いながら、位置が確認出来るところを探して走っていると、国道175号線との立体交差が前方に現れたので、バイクを停めて位置確認をしました。どうも予定していた道よりもかなり南を走っていた様です。メモまで用意して走ってたのに、どこでどう間違えたのやら・・・。いや、正直に言うと心当たりはあるんですけどね。

まあ、ルート修復はまだまだ可能。目の前に交差する国道175号線を北上し、県道20号線へ合流するだけです。簡単な事だと思って国道175号線を北上しましたが、このあたりは高架になっており、交差点がありません。どこで下りれば県道20号線へ合流出来るのか分からぬまま、二週間前にタンデムでやってきた、共進牧場の近くまで来てしまいました。こうなってしまうとテンションは急降下。すでに「太陽の塔」を見にいく気力は失せてしまっていました。

国道175号線を北上しながら頭の中で新たな目的地を検索した結果、思いついたのが「去年のツーリングで見損ねた篠山城跡を見学しよう!」という事でした。目的地が決まれば、そこへ向かって走っていくだけ、社町から国道372号線へ合流し、丹波篠山を目指しました。

先月の「舞鶴」ツーリングでも走った道なので、目の前に広がる景色も記憶に新しく、やっとツーリングらしい気分になってきました。再びテンションも上昇傾向!その後は大きなコース間違えも無く、丹波篠山入りが出来ました。

 

IMG_1564

篠山城探訪

駐車場にバイクを停めて、まず最初に篠山城跡を見学しました。藤堂高虎の縄張りによる石垣を眺めながら石段を登っていくと、藩の公式行事に使用されたという大書院が美しく復元されていました。

大書院がある二の丸跡を通り過ぎ、本丸跡にのぼってみると、江戸期の藩主であった青山公を祀る拝殿があり、南東の隅には天守台の石垣が残っていました。江戸初期の築城当時、幕府の指導により天守閣の建造は中止されたそうです。その天守台に上ってみると、眼下にのどかな町並みを見る事が出来ました。

IMG_1555
IMG_1539
IMG_1551
IMG_1544
IMG_1546
IMG_1549

周辺散策

篠山城跡から駐車場へ戻り、徒歩で武家屋敷群を見学しました。ただ、私がイメージしていたものとは少し趣が違いました。

IMG_1556
IMG_1561
IMG_1562

あとはバイクに乗って、観光地図では散策路とされている堀の周りをぐるりと一周し、にぎやかな商店街を往復し、大正ロマン館で「黒豆ソフトクリーム」を食べて、丹波篠山をあとにしました。

IMG_1565
IMG_1572
IMG_1570

あとがき

当初の目的と違う結果に終わったツーリングでしたが。去年のツーリング「丹波篠山にて牛とろろ丼を食す」で見おとしたスポットを巡る事が出来たので、良しとしましょう。