舞鶴

2005年04月17日() 走行距離 290Km Canon IXY DIGITAL450

すばらしい晴天に恵まれたので、ツーリングに出る事にしました。日帰りツーリングライダーの私は、往復300km前後の距離で、しかもあまり交通量が多くない所を目的地として設定するため、岡山県・鳥取県・兵庫県北部・京都府北部を走る機会が多くなっています。特に最近は西の岡山・鳥取方面へのツーリングが多かったため、今回は久しぶりに東の方を走ろうと思い、目的地を舞鶴に設定しました。篠山まで国道372号線を使い、篠山から舞鶴自動車道を使って北上するというのが本日のルートです。


自衛隊桟橋を目指して

午前9:00前に自宅を出発し、バイパス経由で国道372号線へ合流し、北上を開始しました。しばらく走ると前方から10台程度のツーリンググループが走って来ましたので、嬉しくて早速ピースサインを送ってみましたが、何と総スカンをくらい、ツーリング開始早々つまづいてしまいました・・・。

 

でも、その後にすれ違ったオフロードバイクのおじさんが会釈で応えてくれたので、少し救われました。

社(やしろ)町付近で道を間違えるというロスがあったものの、国道372号線を走って予定通り篠山市に入り、丹南篠山口ICから舞鶴自動車道へ上りました。高速走行を開始してすぐに、西紀SAというわりあい大きめのSAがあったので、そこで少し休憩をとりました。絶好の行楽日和のためか、SAはかなりの賑わいを見せ、二輪専用駐車場にも多くのバイクが停まっていました。

ホットコーヒーを飲みながらツーリングマップルでルートの再確認をし、休憩を終えて二輪専用駐車場へ戻ってみると、ちょうど先着していたハーレー軍団が出発するところでした。ただ、そのマフラーから吐き出される大音量の排気音に、周囲の人々は少しあきれ顔、小さな子供は驚いて泣き出していました。ちょっとかわいそうでしたね
・・・。


舞鶴自動車道は車も少なく走りやすい道でしたので、快適なペースを保ちながら舞鶴西ICまで一気に駆け抜け、その後は国道27号線を使って舞鶴へ向かいました。

舞鶴の街に入り、真っ先に立ち寄ったのが自衛隊桟橋です。噂には聞いていたのですが、海上自衛隊の護衛艦などが数隻連なって停泊している姿はまさに圧巻でした。基地の中へ入れてもらい、間近で艦艇を見学しました。


売店に入ってみると、そこには隊員の生活必需品とともに、おみやげ用の海上自衛隊グッズが多数販売されていました。この時点で私はかなり物欲の塊となっていたのですが、このテのグッズはあとで使い道が無いことに気づいて後悔するパターンが多いので、今回は買うのを控えました。でも、今思うとちょっと残念かも・・・。

IMG_1158
IMG_1160
IMG_1162
IMG_1167

赤レンガ倉庫群

自衛隊桟橋から少し東へ走ると、舞鶴市が観光資源としてPRしている赤煉瓦倉庫群があります。市政記念館とともに、多くの赤レンガ倉庫が建ち並んでしました。元は旧海軍のものだそうです。

IMG_1168
IMG_1170
IMG_1175
IMG_1181
IMG_1176

聖地への玄関口

赤煉瓦倉庫群から少しだけ北へ走り、フェリーターミナルを訪問してみました。夏が近づくと聖地北海道を目指す多くのライダーが、ここからフェリーに乗り込んで旅立って行くのでしょう。

 

私もいつの日か、ここから北海道を目指す時が来るのでしょうか?対岸には二羽の鶴をイメージしたというクレインブリッジが見えました。

IMG_1177
IMG_1178

絶景!五老岳

国道27号線へ戻って少し西へ引き返し、五老岳にのぼってみました。山頂からはとても美しい舞鶴湾の景色を一望する事が出来ました。五老スカイタワーへは登りませんでしたが、これだけの景色が堪能できるのですから充分でしょう。

IMG_1185
IMG_1189

あとがき

バイクシーズンに突入し、さらに絶好の行楽日和に恵まれた影響か、今日はかなり多くのバイクに遭遇する事が出来ました。また、自動二輪車高速道路二人乗り解禁により、いたるところでタンデムツアラーを見かけました。

 

これで日本のモーターサイクルライフも、欧米に追いつく時が来るのでしょうか?なにはともあれ楽しい一日でした。