プチ・イージーライダーな旅4

2005年09月18日()走行距離315km Canon IXY DIGITAL450


9月に入り、少し暑さもやわらいできたので、会社のハーレー乗りとともに「プチ・イージーライダーな旅4」を敢行しました。今回のルートは、岡山県は玉野市にある王子が岳で瀬戸内海の美しい風景を堪能し、少し足をのばして鷲羽山スカイラインで走りを楽しんだあと、思いっきり北上して岡山おみやげセンターでマスカットソフトクリームを食べて帰るというものです。

時速40キロでの移動をベースに、あらかじめ綿密かつ周到な計画を立て、ツーリングの準備は万全です。ただ、昼飯の時間だけがどうしても計画に盛り込めませんでした。まあ、なんとかなるでしょう。(これで周到な計画かよ・・・。)


姫路サービスエリアに集合

集合時間は午前8:30、場所はいつもどおり姫路バイパスの姫路サービスエリアです。私の家から集合場所までは約 10分で着くので、8:00に家を出ました。サービスエリアに着くと、すでにミキオ君がガソリンスタンドで給油中でした。駐車場の空きスペースにバイクを停め、しばらくするとウメちゃんも到着。今日も余裕のスタートがきれそうです。

駐車場ではあちこちにバイクが停まっていて、いくつかのツーリンググループがメンバー待ちをしていました。バイクシーズン到来とあり、ツーリングに出るグループも多そうですね。

休憩室でコーヒーを飲みながら本日のツーリングルートを確認し、いつも通り出発前の写真を撮ったあと、ツーリングをスタートさせました。


一本松サービスエリア

姫路サービスエリアを出る際に、ハーレーのエレクトラグライド系のサイドカーに乗ったオヤジさんとすれ違いました。今日も多くのバイクを見ることが出来そうな予感がします。

姫路バイパスを終点まで走り、国道2号線を使って延々と西へ向かって走ります。意外と交通量も少なく、車の流れに乗って走っていても、プチ・イージーライダーな旅のルールである上限速度(時速80km/h)での巡航をする事ができました。これで少しは昼飯の時間を確保出来るかな?

対向車線を走るバイク達とピースサインを交わしながら、快適なペースを維持して走りつづけ、備前から岡山ブルーラインに入り、「心洗われる眺望」を愉しみながら片上大橋を渡り、あっと言う間に一本松サービスエリアに到着しました。


王子が岳

岡山ブルーラインの残りの区間を走破し、いったん国道2号線に合流したあと、今度は県道45号線を南下します。片道三車線の立派な県道を突き当たりまで走り、児島湾大橋を渡ると、一般的な片道一車線の県道となります。児島湖を右手に見ながら走ったあとは、少し山道を走って国道30号線に合流し、ループ橋を越えて国道430号線に合流します。

国道430号線沿いに走ると、山肌にゴロゴロと玉の様な岩が見受けられる様になります。さらに走ると左手に瀬戸内海が現れます。この辺りは渋川海岸といって、渚100選や白砂青松100選にも選ばれてる美しい砂浜です。綺麗な景色と海を見ながら、とても気持ち良いクルージング気分を味わえました。

しばらく走ると王子が岳登山口の看板が見えたので、そこから王子が岳へ登っていきました。道路はかなり綺麗に整備されており、心地よいワインディングを楽しみながら山頂を目指しました。何カ所か分岐するところがありましたが、昔の記憶を頼りに走り、無事山頂の駐車場へ辿り着きました。

到着時間は午前11:00、計画では12:00到着予定だったので、かなり早く着きました。これで昼飯の時間も確保出来そうです。

IMG_2077
IMG_2078

王子が岳は、海辺に沿ってそびえたつ標高234mの奇岩怪石の山です。しかも、この山から見る瀬戸内海の風景がとても美しく、のんびりとした時を過ごすには最高の場所です。

また、ここは海から吹き上げる風の条件が良いのか、パラグライダーを楽しむ人も多く、展望レストランの横にパラグライダー基地も設けられています。

予定より早く到着したこともあり、瀬戸内海の景色を愉しみながら、三人でかなり「まったり」した時を過ごし、展望レストランで昼食をとりました。メニューはもちろんカツカレーです。

IMG_2050
IMG_2057
IMG_2052
IMG_2069
IMG_2074

鷲羽山展望台と鷲羽山スカイライン

王子が岳を下り、鷲羽山スカイラインを最初から走るべく、鷲羽山の先端を目指します。国道430号線から県道21号線へ入り、児島競艇場を越えて岬の先端近くまで行くと、鷲羽山展望台という看板が立っていたので、予定外でしたが立ち寄ってみることにしました。

駐車場にバイクを停めて、10分ほど階段を上って行くと、簡単に展望台へたどり着く事が出来ました。展望台からは延々と四国まで連なる瀬戸大橋の姿を見る事ができました。春の四国ツーリングの楽しい思い出が蘇ってきます。

展望台をあとにして、再び県道21号線を走り、鷲羽山スカイラインの入口へ到着、瀬戸大橋をバックにバイクの写真を撮ったあと、鷲羽山スカイラインの走りを堪能しました。

最初のうちは鷲羽山ハイランドの入口やホテルなどがあり、スカイラインらしくない様相を呈していましたが、高度が上がってくるに従い、そこから見える瀬戸内海や街の様子などが美しく、大迫力のバノラマと走りとを同時に楽しむ事が出来ました。

後半は水島コンビナートを左手に見ながらの下りとなり、先ほどまでとは違った意味の迫力に驚きました。鷲羽山スカイラインを走り終えたあとは、県道を使って岡山市内へ入り、国道53号線で市内脱出をはかりました。

IMG_2080
IMG_2082

恐るべし岡山おみやげセンター

道53号線を使って混雑する岡山市内を脱出し、帰りのルートに予定している国道484号線を目指して走ります。途中にある寂れた休憩所で水分を補給したあと、いかにも田舎の国道らしい風景を楽しみながら北上を続けました。途中でVespaのビンテージものに乗ったアベックライダー達とすれ違いました。こんな風景のなかをVespaで走るのも気持ち良さそうですね。

国道484号線に合流したあとは、三桁国道特有の道幅の狭い区間を駆け抜け、道幅が回復したあともほぼ我々三台だけの単走状態で、思いっきりイージーライダーな気分を楽しみました。そして、最後の休憩ポイントである岡山おみやげセンターで、この前のツーリング「足守を目指す旅」で立ち寄った時と同じく、マスカットソフトクリームを食べました。

過去のツーリングでは、この岡山おみやげセンターの事を、「昔の風情を残したドライブインで、こういう所にはまだまだ頑張って欲しい」という意味の事を書きましたが、今日我々が立ち寄った際にはかなりの人で賑わっており、いらぬ心配だった様です。しかも、訪れた人全てといっていいほど、皆さんマスカットソフトクリームを食べていました。うーん、恐るべし岡山おみやげセンター。

IMG_2087

国道484号線から国道374号線に合流したあとは、ひたすら南下を続けました。前方に何台か車も走っていましたが、結構良いペースだったので、ここでも気持ち良い走りを愉しむ事が出来ました。

和気からは県道96号線を使って国道2号線をショートカットし、備前から再び国道2号線を走って姫路を目指しました。さすがに17:00にもなると、東行きの国道2号線の交通量も多くて少し疲れましたが、何とかスタート地点である姫路バイパスの姫路サービスエリアまで帰ってきました。到着時間は18:00 ジャスト!私のツーリングプラン通りでした。お見事!(自画自賛)


あとがき

プチ・イージーライダーな旅と称して、会社のハーレー乗りとツーリングを重ねて今回で4回目となりました。その都度利用するルートを変えて、出来るだけ同じ様な道を走らない様に心掛けて来ました。したがって、今回もメンバーにとっては新鮮なルードだった事でしょう。


これで、姫路を起点として播州を脱出する主要国道はほぼ制覇した事になりますので、次回は国道372号線を使って東へ走ってみましょうか。なにはともあれ、みなさんお疲れ様でした。