湯郷温泉と琴弾の滝

2004年10月11日(月) 走行距離 216km Canon IXY DIGITAL450


三連休の最終日となりました。この三連休はRSを動かしていないので、RSでツーリングに出る事にしました。本来は広島県福山市あたりまで走るつもりでしたが、疲れて翌日の仕事に悪影響がでても困るので、わりあい手頃な距離にある湯郷温泉へ行く事にしました。


閑谷学校

午前8:30頃に準備を完了させ、RSで姫路バイパスに上ります。少し走ると前方にマスツーリングの一行が見えましたので、その集団を追いかけるかたちで西に走ります。途中で姫路サービスエリアを通過する際にも、出発待ちをしているツーリンググループが見受けられました。やはり祝日だけあってツーリングに出る人も多いみたいです。太子町へ入ると、前方を走るマスツーリングの一行は姫路西バイパスに分岐して行きました。恐らく国道29号線に出て鳥取方面へむかうのでしょう。私はそのままバイパスを終点まで走り、国道2号線に合流して相生市を抜けました。相生市より西側は交通量が少ないため大変走りやすくなっているので、RSのエンジンフィーリングを味わいながら軽快な走りを楽しみました。目の前には青空が広がっていますが、中には少し怪しげな雲もまじっており、ちょっと予断を許さない空模様です。備前に入ったところで休憩を兼ねて「閑谷学校」を見学しました。閑谷学校は1670年に池田光政が築いたといわれる庶民教育を目的とした藩校で、その瓦は備前焼で出来ているそうです。

IMG_0900
IMG_0902

湯郷温泉

閑谷学校をあとにして、県道を使って国道374号線へ合流し、吉井川沿いに北上します。このあたりは昔何度となく走った道で、沿道の風景が懐かしく感じられました。電車の車両を改装した喫茶店や、二気筒の車両のみを扱うと思われる「TWIN」というバイク屋など、昔良く目にしたお店もそのまま残っていました。道中ではツーリング中のバイクと良く遭遇しましたが、それ以上に自転車に乗ってツーリングをしている人を見かけました。そういえば、自転車を積んで走っている車も見かけます。この辺りに何か自転車関係の施設があるのかな?

湯郷温泉へ到着すると、小さい屋台を練り歩いていました。どうやらこの辺りはお祭りの様です。屋台の巡航を避けて鷺温泉館の駐車場にRSを滑り込ませました。鷺温泉館は湯郷温泉の外湯として人気があり、露天風呂を含め数種類の湯船を楽しめる様になっています。いろんな湯船を楽しみながら、ライディングで硬直した身体をほぐし、しばしリラクゼーションのお時間を堪能しました。

 

IMG_0904

ふらりと長福寺に立ち寄る

湯郷温泉を後にして、あとはツーリングマップルであらかじめチェックしていた見所をまわりる事にしました。最初に訪問するのは滝宮ダムの近くにあるという「琴弾の滝」です。県道を使って滝宮ダムを目指していると、山裾に赤い三重の塔が見えました。ちょっと気になったので近くまで行ってみる事にしました。そこは長福寺というお寺で、三重の塔は1285年に再建された岡山県下最古の木造建築との事でした。地図に載っていない見所を発見し、ちょっと得した気分です。
IMG_0906

琴弾の滝

再び県道を走り、滝見ダムの近くで目当ての滝を探しながら走ります。トンネルを越えたところに案内板があったので、滝の位置を確認しました。ところが、この案内板が非常に分かりにくく、書かれている地図と地形が合いません。もう一枚の案内板は天石門別(あめのいわとわけ)神社の境内の案内地図が書かれており、それを見る限りでは神社の本殿の裏側に「琴弾の滝」があると書かれています。案内板の右手に鳥居があり、そこを下って行ったところに駐車場があるようなので、RSで進入してみましたが、おりからの台風の影響で、駐車場と思われる場所は泥田と化していました。こんな所にRSをとめると、帰ってきた頃には沈んでそうなので、先ほどの案内板の前まで引き返し、そこにRSをとめて歩いて境内に入ることにしました。境内へつづく道も泥だらけです。本殿でとりあえず参拝をすませ、裏にまわります。確かに水の音が聞こえるので、滝がありそうだなと思って歩いていくと、お目当ての滝が現れました。落差13メートルで上が雄滝下が雌滝と言われるそうですが、想像よりは小さな滝でした。度重なる台風により、山の斜面や境内が荒れていて、一人っきりでウロウロするのが少し気持ち悪い場所でした。

IMG_0918
IMG_0913

八塔寺ふるさと村

最後に八塔寺を訪れてみる事にしました。途中TI英田サーキットの前を通過しましたが、その時に自転車を数台積んだ車がサーキットから出てきました。自転車を積んでいる人をよく見かけたのは、ここで何かのイベントを開催していたのでしょう。道中でもロードに乗った人が数人登ってきていました。

八塔寺へ向かう道を延々と登っていき、八塔寺と思われるお寺の前にRSをとめて案内板を確認しました。ところが、ここは八塔寺ではなく、八塔寺への登山口だとの事。ツーリングマップルには「1200年ほど前に山岳仏教が栄えたところ」と書いてあったので、興味があったのですが、今から山を登る体力と時間は残っていません。仕方がないので、その周りにある茅葺き屋根の集落を写真に納めで山を下りる事にしました。このあたりは「八塔寺ふるさと村」と呼ばれていいるそうです。途中で、登る時には気づかなかった郵便局を発見。これがまた古いつくりで、このあたりにピッタリの建物でした。
後に知ったのですが、この「八塔寺ふるさと村」は、今村昌平監督の「黒い雨」という映画のロケ地としても有名なのだそうです。

IMG_0921
IMG_0922
IMG_0923
IMG_0924

あとがき

あとは、そのまま県道で上郡まで抜け、播磨学園都市を抜けて帰路につきました。途中で通り雨にあい、またしても雨中走行となりましたが、大した事もなく家まで帰ってきました。今日はRSのフィーリングも良く、満足のいくツーリングでした。