プチ・イージーライダーな旅

2004/05/22()

車両:BMW R1100RS

走行距離:240km

カメラ:Canon IXY DIGITAL450


今日は、会社の同僚のハーレー乗り二人と出石へ蕎麦を食べに行くことにしました。一人はカスタムハーレーに乗る「ウメちゃん」(写真上)。綺麗にカスタマイズされたハーレーに乗っています。もう一人は「ミキオ君」(写真下)。FAT BOYのHD100周年記念モデル(2003年式)に乗っています。二名とも昨年大型自動二輪の免許を取得して、いきなりハーレー・ダビッドソンのオーナーになったという強者です。私のRSを含めて三台のビッグツインによるまったりした蕎麦食いツーリングの始まりです。

IMG_0531
IMG_0533

第一回プチ・イージーライダーな旅 発進!

あらかじめ打ち合わせしていた通り、午前9時に姫路バイパスの姫路サービスエリアに集合し、休憩室で珈琲を飲みながらツーリングマップルで出石までのルートを検討しました。

 

私以外の二名はアメリカンバイクなので、あまり険しい山越えを避ける事にして、国道312号線を基本としたルートで走る事にしました。あと、最高速度は時速80km/hまで、車の追い越し・すり抜けは禁止、という簡易的なルールを決めて、第一回プチ・イージーライダーな旅を開始しました。

まずは姫路バイパス・姫路西バイパスを経由して夢前町へ至り、福崎町から本日の基本のメインルートとなる国道312号線に合流して北上を開始します。ところどころで対向車線のツーリンググループとピースサインの交換をしたりして、ツーリングらしい良い雰囲を楽しみながら朝来町まで一気に駆け、ドライブインあさごやまで休憩をとりました。

IMG_0535

出石蕎麦を食す!

ドライブインあさごやまを出発して、和田山で国道9号線へ合流し、途中から円山川東岸に沿って走る県道104号を使って出石へ向かいます。この道筋にはでっかい錦鯉の銅像があり(養父町は錦鯉の養殖で有名)、異様な雰囲気を醸し出しています。初めて通る人はびっくりするかも・・・?その後、県道2号線へ合流し、ようやく本日の目的地である出石入りを果たしました。

出石は、土曜日という事もあって観光客で賑わっていました。バイクを停めて蕎麦屋が集まる通りへ向かって歩いていると、蕎麦屋の呼び込みに次々と声をかけられましたが、以前BARIUSでのツーリングの時に立ち寄ったお店が美味しかったので、そこを利用しました。久々に食べた出石の蕎麦はとても美味しく、ハーレーの二人も初めて食べた出石の蕎麦に大変ご満悦の様でした。

IMG_0538

嗚呼!若杉峠

帰路は国道312号線で養父町まで戻り、若杉峠を越えて国道29号線に合流するというルートをとりました。この道中は前後に車の姿は皆無で、延々と続く道を我々三台だけが淡々と走っているという状況でした。私のRSのミラーに映るハーレー二台、そして、そのバックに広がる青空。これぞまさにイージライダーというに相応しい光景でした。

でも、その快適な状況も若杉峠では様相が一変し、険しい峠越えとなり、ハーレーのVツインサウンドに交じって、ステップを擦る音が山中にこだましてました。ハーレーでの峠越えはやはりちょっと厳しかったみたいです。

国道29号線へ合流して南下すると、音水湖の美しい風景が出迎えてくれました。ここは、天気が良いと本当に美しい光景を楽しめるのですが、今日はそのまま素通りして南下を続け、道の駅はがで休憩をとりました。ここではハーレーのみで編成した品のよろしくない親爺軍団も休憩中でした・・・(汗)。

IMG_0542
IMG_0544
IMG_0545

道の駅はがを後にして、再び国道29号線を南下します。一宮町・山崎町を通過し、姫路市へ入って早々のところにあるコンビニで最後の休憩をとりました。姫路西バイパスに入ったあとは、姫路バイパスへの合流地点で東西に車線が分かれるため、ハーレーの二人とはここでお別れとなります。西行きへの合流車線を走り去って行く二人の後ろ姿を見送りながら私は東行きの車線へ合流し、あとはそのまま姫路バイパスを快走して家まで帰ってきました。