温泉探訪

2003年08月03日()

車両:BMW R1100RS

走行距離:約170km

カメラ:CASIO QV3000EX


今日は、新聞の記事に載っていた一宮町に新しく出来た温泉を探しに行く事にしました。2週連続で似たようなルートを走る事になりますが、まあ良しとしましょう。


失意のツーリングスタート

ガソリンを満タンにしてから国道29号線を北上を開始すると、早々に対向車線を10台程度のツーリンググループが走って来ました。ツーリング中にこういった他のバイク乗り達を目にすると、否が応でも気分が盛り上がってくるものです。すれ違いざまにこの高揚感を共有しようと思い、「ピースサイン」を送ってみましたが、なんと見事全員に無視されてしまいました。おかげでツーリング序盤にしてちょっと意気消沈気味です・・・。

本日の自発的「ピースサイン」は封印する事にしましよう・・・。

気分を取り直して走り続けると、今度は信号待ちの際に後方から異様な鼓動音が聞こえて来ました。ミラーで確認すると、BMW R1100GSが後ろで信号待ちをしていました。RSに乗り始めてから、これが初めてのBMWライダーとの遭遇でした。しばらく後ろに従える形で走っていましたが、山崎町内の混雑を回避するため、私は途中から抜け道へ入ったため、ここでGSライダーとはお別れになりました。別れ際に見たナンバーは「大阪ナンバー」でした。山崎から中国自動車道に乗っていなければ、この先のどこかで遭遇するでしょう。

山崎町を越えて再び国道29号線へ戻り、いつもこの道を走るときにはお約束の様に立ち寄ってしまう「ドライブインながさわ」でひとやすみ。すると、先ほどの「大阪ナンバー」のGSライダーが、国道29号線を軽快に走り抜けて行きました。ひょっとしたら鳥取砂丘でも目指しているのかな?


まほろばの湯をさがして

国道29号線から県道6号線に分岐したあとは、目的地の温泉を探しながらゆったりとしたペースでRSを走らせます。まわりの手がかりを見落とさない様に注意していると、先週のツーリングでは気づかなかった「まほろばの湯」の案内看板を見つけたので、その指示通りにRSを走らせて、本日の目的である「家原遺跡公園 まほろばの湯」へたどり着きました。

なかなか感じの良さそうな温泉でしたが、温泉に入るにはあまりにも早い時間だったので、湯を楽しむのは帰りにとっておいて、もう少し走りを楽しむ事にしました。

 

08030017

久々に神子畑選鉱所を訪れる

本日のお目当ての温泉を見つけたので、ZEPHYR750時代に発見した「神子畑選鉱所」「日本最古の鋳鉄橋」へ立ち寄ってみる事にしました。そこへ向かう国道429号線は、一宮町側はとても快適に走ることが出来る素晴らしい道だったのですが、トンネルを抜けて朝来町側へ入ると途端に道が悪くなりました。コーナー毎に設置されている波状路とアスファルトのツギハギが絶え間なく苦痛を与え続け、二輪車にとっては全くありがたくないコーナーの連続でした。

久しぶりに「神子畑選鉱所」と「日本最古の鋳鉄橋」を見学しましたが、「神子畑選鉱所」の敷地内にあったムーセの居館はそっくりそのまま姿がなくなってしまっていました。ひょっとして解体されたのか?と一瞬不安がよぎりましたが、場所を移して改修工事を実施している旨が看板に書かれていたので、ホッと旨をなでおろすとともに、前回訪れた時からの約2年半の時の流れを感じました。

08030022
08030032
08030035

極楽の湯で極楽気分

朝来町で国道312号線へ合流し、これまたお約束の休憩所である「ドライブインあさごやま」で一休みしていると、路上に「よふど温泉 極楽の湯右折7km」という看板が立っているのを発見しました。少し興味をひかれたので、当初の予定を変更してこちらの温泉に入る事にしました。最近はこの様な立ち寄り温泉が増えてきて、私の様に温泉をセットにしてツーリングを楽しむライダーにとっては嬉しいかぎりです。

さらに嬉しい事に、温泉へ向かう途中の交差点で右折待ちをしていると、対向車線を直進するライダーが、すれ違いざまに「ピースサイン」を送ってくれました。「いや〜、ありがとう!」朝の鬱憤が晴れた様な気がしましたよ。やはりピースサインの交換が決まると嬉しいもんですね。

そして、「極楽の湯」の露天風呂で夏空を見上げながらその名の通り極楽気分を味わい、本日の目的を達成しました。

08030036
08030039
08030038